クリームでホクロ除去

ホクロを取り除きたいけれど、病院で切除するのは少し怖いから自分で取れないかなと思っている人には、自分で塗るクリームなどが考えられます。

ネットの口コミで評判がよさそうなのは「ほくろ除去もぐさ」、「漢方クリーム」、「カソーダ」、「精油ジェル」などがあります。

評判がいいといっても、ホクロは一人ひとりできる場所も大きさも違うので、効果が高い人もいればあまり効果がでない人もいます。
自分にあったホクロの除去を考えなければなりません。

「ホクロ除去もぐさ」は、天然の薬草成分で作られているお灸です。1週間から2週間使います。

「漢方クリーム」は台湾製のもので、日本では愛知県にある漢方エステティックサロンで購入できます。お店ではクリームを塗る施術しています。

「カソーダ」の主な成分は、ひまし油と重曹です。しぼ、ホクロ、しみ、うおのめなどに使えるクリームで、とにかく値段が安く手軽に試せます。1日2回ホクロに塗って、バンドエイドなどで覆っておきます。

「精油ジェル」は台湾で古くから庶民の間で使われてきた、植物由来のスキンケアジェルです。日本未発売ながら高い実績を誇り、ほくろの悩みが解消するといわれています。

いずれにしても、自分の肌に合えばじっくりと気長に塗りこむと効果がありそうです。

精油ジェル

ウバイ精油膏

コンパクトシティ

昨今、「買い物弱者」という言葉をよく耳にする。

「買い物弱者」とは、今まで身近だった地元商店がなくなり、遠出しようにも交通手段がなく、食料品や日用品の買い物が思うようにできない消費者のことをいう。

一般的に、人口減少と高齢化が進んだ地方に多いケースと見られがちだが、地方特有の現象というわけではなく都市部にも見られるようになった。

大規模小売店舗法の廃止で、郊外への大型量販店の進出が加速するとともに、中心市街地の空洞化と最寄り商店街の衰退が進行し、いわゆる「シャッター通り商店街」が多く見られるようになった。このため、郊外への公共交通手段をもたない住民は買い物弱者となり、日常の買い物にも四苦八苦する様子を報道などでよく目にするようになった。

そのため、買い物弱者を支援するさまざまな取り組みもなされている。例えば、地元の商店街が住宅地に出張販売をする移動店舗や、インターネットで注文を受けた商品を配送する「ネットスーパー」などの事例がある。

一方、街づくりの視点からも支援策が模索されてきた
。政府は中心市街地の活性化を図るための基本方針を示し、コンパクトな街づくり、いわゆる「コンパクトシティ」の支援に乗り出す「コンパクトシティ戦略」を打ち出している。

高齢者など買い物弱者が外出して買い物がしやすいように公共交通機関を確保し、商業地と住宅地を結び付けた新しい都市部の構築を促進しようというものだ。

この構想はもちろん買い物弱者の支援にとどまるものではなく、地域活性化や公共交通、物流など幅広い課題解決が不可欠で、政府と関連する省庁、自治体などが一体となって取り組むことが求められる。

アロエベラおせち

ジャネーの法則

「最近は何だか時間が経つのが早い。昔はそうでもなかったのに、歳をとるたび誕生日が早く来る気がする」そんなふうに感じる人は少なくない。何歳であっても、1日は同じ24時間で1年は同じ1年のはずだが、心理的な時間の長さは人によって違うようだ。時間は年少者にはより長く、年長者にはより短く感じられるという感覚を誰もが実感する。

この心理現象は、フランスの心理学者ピエール・ジャネ(1859〜1947)によって解明されており、「ジャネーの法則」と呼ばれている。この法則によると「生涯のある時期における一定時間の心理的長さは、その人の年齢の逆数に比例する」――簡単に言うと、「時間の心理的長さは年齢に反比例する」。つまり、年齢が多くなるほど心理的時間は短くなる。20歳にとっての1年は、年齢の20年分の1年に相当する。40歳なら40分の1にあたり、50歳にとっての1年は50分の1の短さだ。一方、1歳児なら1年はそのまま1年である。

そうすると、30歳の1年は1歳の赤ちゃんの1年と比べて30倍速く過ぎていくように感じることになる。逆に言えば、1歳児にとっての1日は、30歳の人の30日分、つまり1カ月に相当するという言い方もできる。確かに、大人になって思い出すのは、子ども時代は時間がゆっくりと流れていたことである。それはまた、大人が長いと感じないその同じ時間が、子どもにとっては、たまらなく長いと感じることでもある。

子どもに落ち着きがないとか集中力がないと心配する親も多い。そんな時、例えば10歳の子どもを持つ40歳の親なら、30分の「つまらないテレビ番組」でも、子どもは自分の4倍も長く感じていることを頭に入れておくと、子どもの気持ちを理解するうえで役に立つだろう。

ムートンブーツ 着る毛布 加湿器 ポケットモンスター こたつ ダッフルコート クリスマスリース パネルヒーター

不透明な時代

生きづらい現代、明日が見えない今、みんな不安になっている時代。

さまざまなことが不透明で、見透しがきかない情況だ。

だが、元々人間には未来を予想する「想像力」があったのだと思う。
「勘」と呼ばれているようなものだ。

しかし、世界は利便性を追求するあまり、人間が本来持っている本能のチカラを発揮できなくなっている。いや、人間が先を見透す能力を退化させてしまっている。

だから余計に不安になっているのだ。

そんな先が見えない状態だから、若者はもちろん、れっきとした大人や老人までもが
自分探しなどというものにうつつを抜かしている。

未来が見える魔法の鏡があれば安心できるのだろうが、現実にはそんなものは存在しない。


こんな時代や状況で、明日を見つめるための方法はひとつしかない。
それは、周りの人や周りの情況に対して「好奇心」を持つことだ。

日頃から、周りの人や環境に対して興味・関心・好奇心をもって接すること。
常に関心と好奇心をもって周りを意識的に見ていると、不透明だと思った情況も少しずつ見通せるようになってくるものだ。

不透明な時代に、先を見透すために身につけるべきチカラは、そうやって身につけるしかない。

スケールアウト

あのジミ・ヘンドリックスに影響を与えたギターの名手、ジョニー・ウィンターが死んだ。

享年70歳だった。ブルース・ロックの巨匠だ。
テキサス出身、10代でプロデビュー彼のギターは破天荒で、予想もつかないメロディを繰り出し、
時に「スケールアウト」した。

本来のコード進行と調和しないメロディを奏でる「スケールアウト」は、
コンテストでアマチュアが行うと失格となる。

プロが行うと、バックバンドがむりやり伴奏を合わせようと右往左往することになる。

ジョニーのソロフレーズは、スリリングに不調和を奏で、いつしかメロディアスな主流に戻っていく。
「スケールアウト」も、「テンションノート」という論理的に正しい不協和音を使用したものだ。

その旋律を直感的にジョニーが選び、聴衆は魅了される。そこには理屈も音楽理論も存在ない。

天才のプレイとはそういうものらしい。

夏への扉

ゴールデンウィークのなか日である5月2日は「八十八夜」。
立春(2月4日)から数えて88日目。

文部省唱歌の『茶摘み』(ちゃつみ)で歌われている。


 “夏も近づく八十八夜”
 “野にも山にも若葉が茂る”


春から夏への季節の変わり目を表現したこの歌詞と同じく、
吹き抜ける風も心地よい季節。

そろそろ夏を迎える準備をするにはちょうどいい時期だ。


さて、「夏への扉」は、1956年にアメリカのSF作家
ロバート・A・ハインラインが発表したSF小説。
いわゆるタイムトラベルもの。原題は「The Door into Summer」

一方、「夏の扉」は、1981年4月に当時一世を風靡したアイドル
松田聖子の5枚目のシングルレコード。作詞は三浦徳子。


よく似たタイトルのほかに、相似点は…。


夏用夏物夏の

リオ+20

2012年は1992年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた
「国連環境開発会議(地球サミット)」から20周年に当たる。

同じリオで6月に開催されていた「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」は、
世界の首脳が環境と開発のあり方について話し合う10年に一度の機会となった。

しかし、「グリーン経済」の重要性を確認した文書を採択し、
環境保全と経済成長を両立させる方針を打ち出したが、成果は乏しかった。

約190カ国・地域の首脳や政府関係者が参加し、
今後10年間の環境保護策を協議した。

 ▽先進国の主張:すべての国がグリーン経済への移行を目指すべき
 ▽新興国の主張:グリーン経済への移行は経済成長の足かせになる

このように、先進国と新興国との対立が激しく、
結局のところ、各国の自主的な取り組みに委ねることとなった。

主導権を操る禁断の手法

終わりの見えない長話に気が遠くなり、やっと終わった時は疲労困憊も甚だしいことがある。あるいは、いい気になって話し続ける相手に、「少しはこっちの話も聞けよ」と苛立つこともある。

そんな事態を避ける心理的手法がある。
きわめて悪魔的手法なので、細心の注意を払って使用してほしい。

ひとつ目は、「物を落として会話を中断させる」方法だ。
特におしゃべりな人に多いのが、自分の話に夢中になるあまり、他人のことを考慮しないまま話を続けることだ。

この場合は、手に持った資料やボールペンをポロッと落として、相手を驚かせる。
すると、それを無視して話し続ける人はまずいない。いったん会話を中断させることができれば、「失礼しました。ところで、こちらとしては…」と話の流れを奪い取ることができるというものだ。


もうひとつは、「タイムアウト」と呼ばれる心理学のテクニックで、「すみません、ちょっとトイレに…」「あ、携帯に出ないと…」と突然その場からいなくなるものだ。
唐突に切り出しても全く問題はない。いったん姿を消して、再び戻ってきた時に第一声を自分のものにしてしまえば、主導権はこちらのものになる。例えば、サッカーでもバレーボールでも、チームが劣勢に追い込まれたときは、監督がすかさずタイムアウトをとる。そうやって心理的にリフレッシュして流れをコントロールするのだ。

次の市場を求めてチャレンジ

基本業務が好調な時ほど、次の事業にチャレンジするのは当然の行為だ。

事業や業界が弱体化してからでは、方向転換を求めても遅い。

やることなすことの全てが、後手後手に回るのは世の常である。

余力のある時こそ、次の市場を求めてチャレンジし、活発に行動する時期だと思う。

スマイルプリキュア塩麹福寿草

日本経済の不透明感

2012年、日本経済の最大の懸念材料は昨年から続くユーロ危機であり、ユーロ問題が根本的な解決策を見出すかどうかにかかっている。

その動向次第では昨年以上に円高が進む可能性があり、日本経済の不安材料の一つとなるだろう。

一方、日本国内においては、福島第一原発の事故に端を発するエネルギー不安が依然くすぶっており、今年も計画停電が実施される可能性は否定できない。

また、国内の財政悪化による税の引き上げも景気の動向にマイナスの影響を及ぼしかねない。
こうした状況を考えると、2012年の日本経済は不透明感が一層強い1年となりそうだ。

指輪をするのはどの指?

心に抱えた矛盾がたくさんある人ほど、指輪も多くしている傾向があるという。

生理学的には根拠がないとされているが、コンサルタントや占い師たちの観察によって、その傾向が分析されている。

親指:不安を隠している。
 赤ちゃんが親指をくわえるのと同じ心理。

人差し指:恐怖を感じている。
 恐怖を感じる故に人差し指で人を攻撃する。

中指:怒りを抑えている。
 中指を立てるポーズに象徴される。

薬指:情緒不安定
 結婚指輪の意味は、心を他の人に揺らさないでね。

小指:緊張している。
 緊張するとつい小指が立つ。

指輪
タグ:指輪

文章の鮮度

耳新しい「若者言葉」や、流行している言い回しをどこまで取り込むかは、風雪に耐えうる文章を書こうとする人間が常に神経を使うところだ。

これに関して、作家の村上春樹が興味深い考察をしている。
『ライ麦畑でつかまえて』の題名で知られるJ・D・サリンジャーの作品を新訳するとき、原題をカタカナ表記しただけの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の題名で発行した。

その翻訳の課程でサリンジャーの「若者言葉」を日本語にする中で試みた「用語仕分け」の実践例を語っている。

「ダサい」使えない
「サブい」使えない
「いかす」古過ぎる
「マジで」ケースバイケースでつかえる
「ユルい」なんとか使える
「シブい」古くなっている気がする

文章の鮮度を何十年も先まで見通す「用語仕分け」にも「事業仕分け」のレンホウに勝るともとも劣らないきつい眼光が必要なようだ。

ネコとイヌの共通の祖先

ネコといえばイヌ、イヌといえばネコの、そのイヌとの比較を少しばかり試みておこう。イヌ類もこと狩猟にかけては、ネコ類に劣ちぬ秀でた存在だ。彼らはネコ類とともに、哺乳類の中の捕食専門家の集団である食肉目を代表している。

けれども、イヌが獲物を捕らなくなったという嘆きの声を聞いた人がいるだろうか。しかもおそらくは、獲物を捕ろうとしないイヌは、ネコ以上に多いにちがいない。人間とチンパンジーの歴史を遠くさかのぽれば、サルに似た共通の祖先にたどりつくであろうのと同様に、ネコとイヌも共通の祖先を有する親類どうしである。にもかかわらず、あるいはそれだからこそ、この2つの動物は、ことごとく対照的な性質をそなえるに至っている。

彼らの系統をたどった共通の祖先とは、今から数千万年の昔、第三紀に栄えたミアキスと呼ばれる動物であった。ミアキスは姿が今日のテンやイタチに似た、そして彼らほど知能の高くない原始的な捕食獣である。この時代には人間はもちろん姿を現わしていなかったし、ウマもウシもネズミも原始的で、今日の世界でなじみ深い姿に達していた哺乳類はほとんどいなかった。

見かける動物はすべて、いかにもやぼったい姿をした動物たちばかりである。だからミアキスの脳が発達していないのも、少しも不思議ではない。四肢の構造からみて、彼らは樹上をとくいのすみかとしながら、小動物を捕えて生活していたものと推定される。

今からみれば原始的な食肉獣ではあるが、当時のミアキスは、獲物に対する攻撃を体の前部に集中する新しいテクニックをあみ出して、捕殺の能率を飛躍的に増大させた功労者であった。この方法によれば、獲物を比較的すばやく殺せるうえに、その報復攻撃をさけることができる。

さらに、くりかえしかむことと、獲物をふりまわすことの2つのテクニックが加えられて改良されたのが、現在のジャコウネコ類の段階の狩猟方法だ。そして、このような食肉獣の基本的な段階から、ネコ類・イヌ類がそれぞれ分かち持つ2つの対照的な捕獲様式が進化したのである。
タグ:ネコ イヌ 祖先

富士山は以外にも16位と下位だ

世界最大の旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(東京都渋谷区、山本考伸代表取締役)は、外国人観光客から投稿された口コミでの評価をもとに「外国人に人気の日本の観光スポット」トップ20を発表した。

1位=宮島(厳島神社)/広島
2位=広島平和記念資料館(原爆ドーム)/広島
3位=松本城/長野
4位=東京ディズニーシー/千葉
5位=沖縄美ら海水族館/沖縄
6位=伏見稲荷大社/京都
7位=地獄谷野猿公苑/長野
8位=兼六園/石川
9位=六本木ヒルズ/東京
10位=三十三間堂/京都
11位=浅草寺/東京
12位=姫路城/兵庫
13位=清水寺/京都
14位=新宿御苑/東京
15位=明治神宮/東京
16位=富士山/静岡・山梨
17位=東大寺/奈良
18位=嵐山モンキーパークいわたやま/京都
19位=金閣寺/京都
20位=海遊館/大阪


中国からの観光客に限れば上位5位はお寺ばかりだ。

お金を増やすにはポジティブシンギング

心理学的には、お金に好かれるためにお金をポジティブに捉えることが大切だと言われます。

「お金なんか、どうせ貯まらない」などと思うのは止める。そして、1年後に1000万円稼ぐ!」という風に具体的にイメージを描き、そこに行くにはどうすればいいかをやはり具体的に考えるのがいいようです。

「お金がない・・・」と意識が下がっている人のところには、お金が集まってこないのです。「絶対にお金が手に入る」とポジティブに考え、そのための方法をしっかり考えましょう。

本当に欲しいと願い、そのための努力をする人のところに、お金は集まってくるものなのです。

アナスイ 財布 通販

効果的なお世辞の回数

感情の動物である人間は、人の話を聞いて涙を流し、テレビを見ては笑いを誘われ、新聞を読んでは怒りを感じたりする。

目に触れ、耳に聞こえるものすべてに心を動かされる。その感情表現は人さまざまだ。その心の動きこそが感情なのだ。

英語のフィーリング(feeling)の語源は「触れる」という意味だ。

多くの心理学者が、感情についての様々な説をとなえている。中でも感情を身体的側面と精神的側面の2つのファクターからアプローチしたM・シェーラーの説は、感情の複雑さを比較的わかりやすく説明している。

そのM・シェーラーの説によると、感情には身体的側面と精神的側面の2つの側面の配分により、4つの階層が現れるとした。

▽第一階層:肉体に受ける刺激によって起こる感覚的な感情で、「苦痛」と「快楽」が含まれる。

▽第二階層:体全体で感じ取る感情。「緊張感」、「倦怠感」、「充実感」が含まれる。

▽第三階層:一般的な感情のことで、「喜び」、「怒り」、「悲しみ」が含まれる。

▽第四階層:感情の最上層部のことで、「平和への希求」、「宗教的喜び」が含まれる。

この感情の4つの階層を見ると、その場の状況や欲求に支配されていることが多いことがわかる。特に、たったひとつの言葉が、第二階層・第三階層の感情を刺激して、ある時は人を不安のどん底に陥れる、ある時は歓喜の渦に巻き込む。

たとえ、お世辞であることが分かっていても、誰しも褒められるのは悪い気はしない。褒められれば単純に嬉しい。もっと褒められればもっと嬉しい。なので、人にお世辞を言う場合は1回だけでは効果が薄く、何度も褒めることによって相乗効果が生まれ、そのパフォーマンスを発揮するのだ。

お世辞感情

ドレミは何語?

1024年に、イタリア生まれのギドー・ダレッツォという僧侶が、音階を考案した。
従って、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」はイタリア語なのだ。

ドレミ

上司と部下

「部下」のみならず、社会人としての規範が守れないのは「上司」の中にも多い場合があるのは確かです。
どんな職場でも、多かれ少なかれ各自が問題を抱えているものですが、厄介なのは、「出来ない部下」は上司の使い方次第で何とでもなりますが、「出来ない上司」の下で働く部下に、有効な策がなかなか見つからないことです。

問題を起こしている当の本人(上司)は、周囲が被っている迷惑に気付いていないので事態は深刻になります。

部下は自らの業務をこなす傍ら、社内外で「出来ない上司」のフォローを強いられているのです。自身の力不足に気付いていない(または認めようとしない)上司でも、優秀な側近がついていれば、まだ、会社の未来に期待が持てますが。上に立つ者は特に、自身が裸の王様になっていないか自問してみる必要がありますね。

上司もしもドロップシッピングPC&携帯サイト運用ツール

サイエンスダイエットとは

この頃、テレビのCMや雑誌広告でサイエンスダイエットという単語を見ることがありますが、それが何かは案外知られていないようです。

サイエンスダイエットとはペットフードの名称であり、獣医師発案によるペットダイエット用の商品です。主にドッグフードやキャットフードのサイエンスダイエットがあります。ペットを飼う人が増えているのは、少子化や晩婚化と関わりがあるといいます。ペットを飼う人は、子どもがそれぞれ独り立ちした年配の夫婦や、一人暮らしで、ペットを新たな家族という感覚で迎え入れるという形があります。

愛犬、愛猫の健康維持のため、ダイエットの必要性が出てきた時にサイエンスダイエットを活用しているという飼い主が増えているといわれています。近年ではペット専門点で販売されているペット用のアクセサリーやスイーツ、洋服、部屋まで整えている人もいます。

かつてはペットに与える食事は残飯で充分という家も少なくありませんでしたが、時代は変わりつつあります。健康志向のサイエンスダイエットなどのドックフードやペット用のおやつやスイーツなども販売されており驚かされます。飽食の時代といわれる昨今、ペットの食事も変化しているといえるのではないでしょうか。

ペットのダイエットを望む飼い主も少なくなく、ダイエットがペットにも必要になっています。ペットの肥満対策や運動習慣をつけるためには、飼い主が気をつけてサイエンスダイエットなどを行うことが大事です。

サイエンスダイエットドックフードキャットフード

トリビアの本来の意味

フジテレビ系に「トリビアの泉」というバラエティ番組があった。この番組のおかげで「トリビア」という言葉が一般的になったが、その語源を知る人は少ないと思われる。

「トリビア(Trivia)」は、「些事(ささいなこと)」を意味する。「トリビアの泉」は書籍になっているが、その最初に『Trivia〔トリビア〕意味:つまらない事柄に関する無駄な知識』と載っている。

トリビアはもともとラテン語で、「tri」は「3」、「via」は「道」を意味する。つまりトリビアは道が3つ交わる三叉路を指すのが本来の意味なのだ。

町の三叉路で人々が会話している話の内容がたいしたものではない、取るに足りないものだと見なすことから、トリビアには「つまらない事柄」といった意味が生じたわけだ。ちなみに日本語にも似たようなニュアンスで「井戸端会議」という言葉がある。

トリビアSAVOYスカルプD