源氏物語は「光る源氏の物語」

源氏物語(げんじものがたり)といえば、紫式部という女性が、平安時代の中期に書いた日本最古の長編小説(物語)という風に、学校の授業でも教えてもらった記憶があります。
でも、調べるとちょっと驚くことがわかりました。

現在では通常『源氏物語』と呼ばれている、この物語が作られた当時の本来の題名がなんであったのかは明らかではない。古写本には題名の記されていないものも多く、また記されている場合であっても内容はさまざまである。『源氏物語』の古写本の場合、冊子の標題には「源氏物語」ないしはそれに相当する物語全体の標題が記されている場合よりも、それぞれの帖名が記されていることが少なくない。古い時代の写本や注釈書などの文献に記されている名称は大きく以下の系統に分かれる。

「源氏の物語」、「光源氏の物語」、「光る源氏の物語」、「光源氏」、「源氏」、「源氏の君」などとする系統。
「紫の物語」、「紫のゆかりの物語」などとする系統。

これらはいずれも源氏(光源氏)または紫の上という主人公の名前をそのまま物語の題名としたものであって、物語の固有の名称であるとは言い難いことや、もし作者が命名した題名があるのならこのようにさまざまな題名が生まれるとは考えがたいため、これらの題名は作者が命名した題名ではない可能性が高いと考えられている。(Wikipedia)

tag:源氏物語