たかが弁当箱されど弁当箱

木製の曲げわっぱ弁当箱が流行っているようですね。水分を適度に吸収し、ご飯やおかずに一番環境がいいのでしょう。木製のお櫃のように、食材に良い影響を与える素材こそ、食べ物を口に入れたときに美味しく感じることができると思います。雰囲気もありますしね。
でも、曲げわっぱの弁当箱だと、温かい御飯を食べられないという最大の欠点があります。そこで最近多いのが保温性のお弁当箱なんです。素材は、アルミ・ステンレス・サーモス(魔法瓶)と、いろいろ出そろっています。値段もそれほど高くないので、保温性のお弁当箱の方が経済的かも知れません。
保温性の弁当箱にもデメリットがあって、やはり重いんですね。どんなに軽量化されても、曲げわっぱ弁当箱の方が軽いでしょ。
オシャレなスリムタイプの保温性お弁当箱もあったりして、子供の頃に比べると、こんなに弁当箱の選択肢が広がるとは思ってもみませんでした。

tag:
曲げわっぱ 弁当箱
アルミ 弁当箱
弁当箱 スリム
ステンレス 弁当箱
サーモス 弁当箱