2009年の大河ドラマ『天地人』舞台は新潟

主人公は、妻夫木聡さんが演じる直江兼続で、時代は戦国時代、主な舞台になるのは新潟県です。直江兼続は永禄3(1560)年に、越後上田庄(現在の南魚沼市)に生まれ、永禄11(1568)年から、上杉景勝に仕え、21歳の時には、上杉家第一の智謀の将の地位を不動にしました。
国と民を愛した兼続の生涯を描く大河ドラマ『天地人』は、利益偏重、格差社会である現代の日本において、失われた価値を見つめ直すドラマになりそうです。

tag:新潟 観光