にきびケアと食生活

にきびケアのためには、食生活を正していくことも大事です。
にきびを作ってしまうような食生活とは、どんなものなのでしょうか。日ごろの食事でにきびを作ってしまうことを防ぐには、にきびの元となる皮脂を作り出さないような食べ物を食べることです。にきびができないように、にきびができやすくなるような食材は極力避けることが望ましいのですが、極端に食べ物の制限をしていると、体のためには決してよくない結果になることも忘れないようにしましょう。

バランスのとれた食事をするように努め、食べ過ぎたりすることもないようにすれば、にきびケアにはなるのです。肉類の動物性脂肪や、てんぷら、フライなど油をたっぷり使った食事は、血中の中性脂肪が増え、皮脂の分泌を活発にします。

にひぎのケアのためには、豚肉や牛肉の代わりに魚介類がおすすめです。米やパンなどの主食成分である炭水化物は、消化されると糖分に分解され、糖分は油分に変わり皮脂の材料になります。いつも主食として食べられる炭水化物はなかなか減らしにくいものですが、にきびを防ぐためには量に気を配りましょう。

同様に糖分を多く含んだ甘い食べ物も、いずれは油分になって皮脂を分泌してしまうので、食べる量には気を配りましょう。大人のにきびの原因の一つには飲酒もあり、酒はにきびの原因となる糖分を多く含んでおり、また、皮脂の代謝を促すビタミンB群を大量に消費します。飲酒は過ぎると内臓へも負担をかけることになり、生活習慣も乱してしまい、肌のストレスの原因となります。

にきびにきび跡にきびケア大人にきびあご にきび白にきびにきび 治療おでこ にきびにきび 皮膚科背中 にきびにきび 原因にきび 薬首 にきびにきび 漢方にきび 化粧水鼻 にきびフェイスライン にきび頭皮 にきびにきび 化粧品にきび 洗顔新生児 にきびにきび 食べ物赤にきびあご にきび 原因にきび 場所思春期 にきび頬 にきび頭 にきび生理前 にきびにきび 予防耳 にきび