中高年の再就職

近年はかつてない不況の波が押し寄せており、企業側もリストラや経営縮小などを行うなど、再就職は困難なものになっています。
特に中高年の再就職は、正社員の求人の多くが年齢制限を設けていることもあり、より厳しいのが現実です。中高年を採用する場合、同じ職業についていたなら前の職場の賃金より高く設定することになります。

なかなか仕事を決めにくい背景でもあります。中高年の再就職を成功させるには、自分の気持ちといかに折り合いをつけるかが重要になります。再就職に当たり、中高年は実務実績が大きなアピールポイントになります。

企業側から見ても、一から教育する必要のない実践力は大きな魅力です。
求人側が求める方向性と求職側が持つスキルが合致すれば就職はすんなりいくでしょう。

再就職では今まで培ってきたことを最大限に活用してください。過去に真面目に働いてきた実績は再就職にも、有利なポイントです。もしもその会社で働くことになったら、先入観を持たず気持ちを入れ替えて働くというスタンスも必要です。

もしも以前の会社を辞めた理由がリストラなどの会社側の都合によるものなら、前の会社から再就職先の仲介や派遣会社の案内がしてもらえる場合もあります。世帯主が仕事を失うと、家族全員に関わってきます。できるだけ退職から間をおかずに再就職を成功させることが、家族の暮らしを守ることにもなります。

再就職