眼鏡とコンタクトどっちがいい?

眼鏡とコンタクトレンズは、どっちが良いのかと聞かれても、どちらが良いとは明確な答えが出来ないと言うのが結論ではないでしょうか。
装着の簡単さを言うならば、眼鏡が一番簡単ですよね。かけて外す、レンズが汚れたら拭く、という行動だけですからね。

しかし、眼鏡は視野が狭く、視力が悪くなるにつれ、レンズも分厚くなります。そうなるとコンタクトレンズの出番です。けれども、コンタクトレンズは、1日中付けっぱなしと言う訳にはいきません。コンタクトレンズを主に使用していても、外した後は眼鏡が必要になるという事です。

それに、コンタクトレンズを外した後は、きちんと洗浄してから保管しなければなりません。それが面倒だと感じる方には、使い捨てコンタクトレンズがお勧めです。また、コンタクトレンズの性能が良くなってきたとはいえ、まだ角膜を傷付けてしまう可能性はあります。目に異物を取り付けるわけですから、多少のリスクはあると考えた方が良いですね。それに抵抗がある方は、眼鏡が良いです。

コンタクトレンズにもハードタイプとソフトタイプがあります。運動などする場合は、ソフトレンズがお勧めですが、日常生活で付けているだけでしたら、ハードレンズで大丈夫だと思います。しかし、乱視が入っている場合は、コンタクトレンズは使用出来ない場合もありますので、眼科医に相談しなければなりません。

眼鏡かコンタクトレンズ、自分のライフスタイルに合った物を選べると良いですね。

メガネコンタクトレンズ