日焼け対策と紫外線

紫外線が気になる季節と言えば夏ですが、年間を通して日焼け対策をすることをおすすめします。
戸外に出る時は、日焼け対策はしているでしょうか。夏が最も紫外線の強い季節ですが、夏以外も意外と紫外線が強く日焼け対策はいつの季節も大切になります。

日焼け対策についていくつかご紹介します。日焼け対策の話をする前に、肌の天敵である紫外線について知る必要があります。地上に届く紫外線の強さや分量は、時間帯や季節、天候、地域といった様々な条件で左右されます。月々の紫外線量は、3月頃にいきなり多くなります。9月を越えると紫外線量は再び減りますが、6月を頂点に3月〜8月は紫外線の季節といってもいいでしょう。1日の紫外線の量をみてみると、1日のうちでは朝10時にはすでに紫外線はかなりの量に達して、午後3時まで続きます。

天気が悪い日なら紫外線は大丈夫と考えている人もいるようですが、たとえ曇っていても紫外線は肌に影響があります。真夏の炎天下に出る際には、ほとんどの方が一生懸命日焼け対策をすることでしょう。
その反面、春の温かい日や雲が空を覆っている日、太陽光がさほど強くない日はつい日焼け対策をサボりがちですが、たとえ雲が出ていても日差しは2割程度しか減衰しません。ほとんどの紫外線は肌に到達しているのです。

外に出るときは、ちょっとの時間でも肌は紫外線のダメージを受けることを覚えておいてください。スキンケアに万全を期すなら、一年中の日焼け対策は必須といってもいのです。

日焼け対策紫外線対策スキンケア