上司と部下

「部下」のみならず、社会人としての規範が守れないのは「上司」の中にも多い場合があるのは確かです。
どんな職場でも、多かれ少なかれ各自が問題を抱えているものですが、厄介なのは、「出来ない部下」は上司の使い方次第で何とでもなりますが、「出来ない上司」の下で働く部下に、有効な策がなかなか見つからないことです。

問題を起こしている当の本人(上司)は、周囲が被っている迷惑に気付いていないので事態は深刻になります。

部下は自らの業務をこなす傍ら、社内外で「出来ない上司」のフォローを強いられているのです。自身の力不足に気付いていない(または認めようとしない)上司でも、優秀な側近がついていれば、まだ、会社の未来に期待が持てますが。上に立つ者は特に、自身が裸の王様になっていないか自問してみる必要がありますね。

上司もしもドロップシッピングPC&携帯サイト運用ツール