次の市場を求めてチャレンジ

基本業務が好調な時ほど、次の事業にチャレンジするのは当然の行為だ。

事業や業界が弱体化してからでは、方向転換を求めても遅い。

やることなすことの全てが、後手後手に回るのは世の常である。

余力のある時こそ、次の市場を求めてチャレンジし、活発に行動する時期だと思う。

スマイルプリキュア塩麹福寿草